加齢臭の原因と対策 いつまでも好青年でいよう!

加齢臭は、油が腐った時の臭い、古本の臭いなどと表現されます。なぜ、加齢臭は発生するのでしょうか?

加齢臭の原因はノネナールという物質

人間は、肌の潤いを保ち、皮膚から細菌の侵入を防ぐために、皮脂を分泌し続けています。皮脂と汗が混ざり合うことで皮脂膜が形成され、保湿やバリア機能を発揮できます。

しかし、年齢を重ねると、皮脂に「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸が混ざってきます。さらに、年齢を重ねると、活性酸素をブロックする力も弱くなるため、皮脂が酸化しやすくなります。皮脂の酸化により、ノネナールが生成されるようになります。これが加齢臭の原因となります。

加齢臭が気になるのはいつごろから?

先ほども述べたとおり、脂肪酸が加齢臭の原因となります。脂肪酸を分泌する皮脂腺の働きを活発にするのが男性ホルモンです。

男性の場合、30代後半からノネナールが生成されるようになり、40~50代にかけて加齢臭がきつくなります。女性の場合、女性ホルモンの分泌が減少する60歳ぐらいから加齢臭を発するようになります。

加齢臭を予防するには

加齢臭は、食生活や生活習慣を改善することで、ある程度抑えることが可能です。

食生活の改善

肉類の摂取を控えめにし、野菜類、豆類、海藻類、魚介類を摂取することで、加齢臭を抑えることができます。

ストレスをため込まない

ストレスを受けると、体内の活性酸素が増加し、加齢臭の原因物質が増加します。そのため、加齢臭を防ぐには、ストレスを上手に発散するようにしましょう。

タオルで身体をふいたり、加齢臭対策用の石鹸を使用することで、加齢臭を抑えることができます。

加齢臭によるセックスレスもありえます!

40代夫婦にセックスレスが多い理由

40代になると、加齢臭がきつくなると言われていますが、このことが原因で、セックスする気がなくなるという方も多いようです。パートナーの加齢臭がきつくなると、そばにいるのが嫌になり、寝室を別にするケースも多く、やがてはセックスレスへとつながります。

ベッドに入った時に、パートナーの身体から、青臭いニオイがすることで、一気に気持ちが沈んでいくとのことです。それに、いったんベッドに入ると、加齢臭を理由に抜け出すことは難しいため、一緒にベッドに入ることを避けるようになります。

中には、パートナーを傷つけないためには、臭いに耐えるか、「臭いはしなかった?」など、自分の臭いを気にしているかのような感じで、遠回しに伝えるという方もいるようです。

臭いの感じ方は人それぞれ異なりますが、一度嫌だと感じると、性欲は完全になくなってしまうでしょう。

ある程度の年齢になると、加齢臭の原因となる物質が分泌されるようになります。

ただ、臭いについて異常なほど神経質になる必要はありませんが、加齢臭など、相手が嫌がる臭いはできるだけ抑えるように努力することで、セックスレスになることを防げるのではないでしょうか。