加齢臭を消す食べ物(食事)

食事で加齢臭対策

加齢臭は様々な要因により発生しますが、その一つに食生活が挙げられます。外側からケアすることばかりではなく、身体の内側からも加齢臭の抑制のために働きかけることが大切です。

和食のすすめ

加齢臭対策のためには、和食をおすすめします。

動物性脂肪を過剰摂取すると、皮脂の分泌が多くなり、体臭がきつくなります。和食は、生活習慣病の予防にも最適で、アンチエイジング効果も得られます。

味噌汁、豆腐、納豆などの定番メニューは特にお勧めで、魚介類や梅干しも加齢臭防止には有効です。また、活性酸素を抑制するビタミンCとEを取り入れるには、野菜や果物を摂取することが一番です。また、緑茶に含まれるカテキンには、加齢臭の原因である活性酸素を阻害する効果があります。

抗酸化作用を持つビタミンCとEを摂る

ビタミンCとEは、優れた抗酸化作用があるため、加齢臭の原因となる活性酸素を抑えます。

ビタミンCを含む食べ物

ピーマン、小松菜、ほうれん草、パセリ、ブロッコリー、しそなどの野菜類、オレンジ、グレープフルーツ、いちご、レモンをはじめとする果物類

ビタミンEを含む食べ物

かぼちゃ、さつまいも、たけのこ、ニラ、ほうれん草などの野菜類、サケ、サバ、サンマなどの魚介類、キウイ、ブルーベリー、プルーンなどの果物類。その他、玄米、アーモンド、ピーナツにもビタミンEが豊富に含まれます。

また、抗酸化作用がある成分として、赤ワインのポリフェノール、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボンがあります。

リンゴ酢の消臭効果

リンゴと酢には消臭効果があります。水で割って飲んでも良いし、ドレッシングとして利用するのも良いでしょう。

旦那が加齢臭で悩んでる人へ

臭いの問題は本人に言いづらい

旦那の加齢臭が気になるという方はたくさんいるのですが、臭いの問題はデリケートであるため、なかなか本人には言えないようです。そのため、旦那を傷つけないように、こっそり消臭スプレーを使用したり、食生活に気を遣うという方が多いようです。この方法であれば、旦那を傷つけずに、加齢臭を改善できる可能性は高いでしょう。

旦那の加齢臭が気になった場合、本人にわからないように対策をするという方はたくさんいらっしゃいます。

加齢臭対策には食生活の改善が一番

加齢臭の原因はノネナールという物質で、これは、体内の老廃物が酸化するが原因で発生します。そのため、旦那の加齢臭がどうしても気になるのなら、食生活に気を配ることをお勧めします。

肉類を減らし、野菜や魚を中心のおかずにすることで、コレステロールを抑えることができます。食生活を見直すことは、生活習慣病の予防にもつながるので、ぜひ実行してみてください。

その他、衣類はこまめに洗濯し、清潔に保ち、さらに消臭剤を使うことで、十分に臭い対策ができます。

このように、食生活を改善し、身体や衣類を清潔に保つことで、加齢臭の悩みは解消できるのではないでしょうか。最も有効な加齢臭対策は、食事の改善です。

加齢臭はどんな臭い?

加齢臭の特徴

加齢臭は、古本の臭いとか、青臭いチーズの臭いと表現されます。もし、具体的な臭いをイメージできないという方は、図書館の臭いを思い浮かべてみるとよいでしょう。

40歳を過ぎると身体からこのような臭いを発するようになるのです。この加齢臭と汗の臭いなどが混ざることで、若い世代に嫌がられるオヤジ臭が強くなるのです。

なぜ加齢臭は嫌がられるのか?

昔は、3世代が一つ屋根の下で暮らすことが当たり前でした。幼い時から高齢者と一緒に暮らしていた方にとっては、加齢臭は自然の臭いの一つで、決して不快なにおいではなかったのです。

しかし、核家族化が進むことで、高齢者との同居を経験しない方が多くなりました。そのため、加齢臭は特別なにおいとみなされるようになったのです。

加齢臭を抑えるには

先ほども述べたように、加齢臭は、汗やその他の体臭が混ざり合うことで発生します。

性別に関係なく、年齢とともに加齢臭を発するようになるにもかかわらず、加齢臭がオヤジ臭と呼ばれるのは、女性は身だしなみに気を遣う傾向にあるため臭いが抑えられているからではないかと言われています。

一般に、髪にフケが多かったり、タバコやお酒の臭い、口臭、体臭がある方は、「オヤジ臭」と判断されがちです。そのため、加齢臭を抑えるには、身体はもちろん、衣類も清潔にするように心がけることが大切になるのです。

加齢臭対策に効くシャンプー

加齢臭が最も強くなるのは頭皮

中高年に差し掛かると、加齢臭に悩まされるようになります。

加齢臭は、胸、背中、鼻・耳・首の回り、わき、頭皮など、皮脂腺の多い部位で発生しやすくなっています。特に、頭皮は皮脂腺が多く、皮脂の分泌も活発になっているため、加齢臭が気になる部分です。

髪は空気中の臭いも吸着しやすく、髪に付着した臭いと頭皮の臭いが混ざることで、加齢臭が強くなることもあります。

加齢臭対策のためのシャンプー

頭皮の加齢臭に悩まされている方のために、様々なシャンプーが販売されています。加齢臭対策のためのシャンプーは頭皮への刺激が少なく、加齢臭のもとになっている脂肪酸や過酸化脂質をしっかり洗い流します。

使用方法は、一般のシャンプーと同じで、お湯で髪を流してから、シャンプーをし、泡をしっかり洗い流すだけです。これにより、細菌の発生を防ぎ、頭皮や髪の臭いも抑えます。

加齢臭対策用の石鹸に比べると、シャンプーの知名度は低いようですが、頭皮や髪の臭いに悩まされている方の間では人気が高くなっています。

加齢臭対策用のシャンプーには石鹸系のものが多いですが、天然成分が使用されており、頭皮にも、環境にも優しい仕様になっています。

加齢臭対策に効く石鹸

加齢臭対策に効果がある石けん

インターネットで加齢臭対策用の石鹸について調べてみると、かなりの数の商品がヒットします。柿渋は、加齢臭の原因となっているノネナールに作用するとのことで、柿渋エキス入りの石鹸は人気が高くなっています。

ここでは、加齢臭に効果がある石鹸のタイプについて紹介していきますので、いくつかの商品を試してみて、自分に合うものを見つけていくとよいでしょう。

柿渋エキス石鹸

柿渋エキス配合の石鹸は最も人気が高くなっています。柿渋エキスは優れた消臭作用があることで知られており、使用し始めて間もない時期に消臭効果が得られたという方も多くなっています。

また、天然成分を使用しているため、安全性が高いところも評価されているようです。

ミョウバン、緑茶カテキン、炭

ミョウバンや緑茶カテキンも消臭作用を持つ成分です。ただし、柿渋エキスほどの強い効果はありませんが、安全性が高いことで知られています。

炭にも消臭効果がありますが、炭のみを配合した石けんは少なく、柿渋エキスと同時配合されたものが多くなっています。

加齢臭対策のための石鹸は、柿渋エキス入りのものがダントツの人気を誇っています。

優れた消臭効果と安全性があるとのことで、多くの方が柿渋エキスの石鹸を選んでいます。

加齢臭対策 男性の場合

加齢臭とは

加齢臭とは中高年の方に多い体臭のことで、別名「オヤジ臭」とも呼ばれています。

皮脂腺より分泌されるパルミトオレイン酸と過酸化脂質が混ざり合うことで、ノネナールが生成され、この物質が加齢臭の原因となっています。

性別に関係なく、パルミトオレイン酸は分泌されますが、女性より男性の方が皮脂の分泌量が多いため、加齢臭が強くなる傾向にあります。男性は、40歳前後になるとパルミトオレイン酸の分泌量が急激に増え、加齢臭が目立つようになります。

加齢臭の原因

加齢臭をさらに進行させる原因となっているのが活性酸素です。活性酸素は、ウイルスの侵入を防ぐ作用を持つ物質ですが、その反面、身体を酸化させることで老化や病気の原因ともなります。

若い方は、ホルモンの働きが活発であるため、活性酸素を抑制することができますが、年齢とともにホルモンの分泌量が低下し、活性酸素の作用が強くなります。活性酸素はパルミトオレイン酸が酸化することを促進させるため、加齢臭が強くなります。

加齢臭対策

中高年男性の8割以上の方が加齢臭を気にしているとのことです。加齢臭は、しっかりケアすることで消すことも可能です。

例えば、石鹸やシャンプー、加齢臭対策のサプリメントガムなどで消すことができます。

加齢臭対策 女性の場合

加齢臭は男性だけのものではない

性別に関係なく、加齢臭の原因となるノネナールは発生します。加齢臭は、脂っぽく青臭いと表現されており、40代以降の男女に目立つようになります。体内でノネナールのもとになる脂肪酸は年齢とともに増えていきます。

また、年齢とともに、皮脂に含まれる過酸化脂質の量も増加するため、加齢臭を発しやすくなります。女性より男性の方が皮脂の分泌量が多い傾向にあるため、男性に加齢臭が強いというイメージがあります。

しかし、顔、胸、背中は皮脂腺が多い部分であるため、30歳すぎの女性でも加齢臭を発することがあります。

閉経後は加齢臭が強くなる

閉経前の女性は、女性ホルモンで体が保護されているため、身体の酸化もある程度予防することができます。

そのため、一般に男性に比べて女性は加齢臭がそれほどきつくはありません。女性ホルモンには、加齢臭を防ぐ作用があるのです。しかし、更年期が過ぎ、閉経すると、女性ホルモンの分泌量が極端に減少するため、加齢臭が目立つようになります。

そのため、50代~60代の女性は、加齢臭がきつくなる傾向にあります。

女性は体臭に敏感であるため、加齢臭に気づくと気分が落ち込むこともあるでしょう。加齢臭対策としては、身体を良く洗い、清潔な衣類を着用することが有効です。

また、加齢臭対策のサプリメントも販売されていますので、このようなものも利用するとよいでしょう。

加齢臭の原因と対策 いつまでも好青年でいよう!

加齢臭は、油が腐った時の臭い、古本の臭いなどと表現されます。なぜ、加齢臭は発生するのでしょうか?

加齢臭の原因はノネナールという物質

人間は、肌の潤いを保ち、皮膚から細菌の侵入を防ぐために、皮脂を分泌し続けています。皮脂と汗が混ざり合うことで皮脂膜が形成され、保湿やバリア機能を発揮できます。

しかし、年齢を重ねると、皮脂に「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸が混ざってきます。さらに、年齢を重ねると、活性酸素をブロックする力も弱くなるため、皮脂が酸化しやすくなります。皮脂の酸化により、ノネナールが生成されるようになります。これが加齢臭の原因となります。

加齢臭が気になるのはいつごろから?

先ほども述べたとおり、脂肪酸が加齢臭の原因となります。脂肪酸を分泌する皮脂腺の働きを活発にするのが男性ホルモンです。

男性の場合、30代後半からノネナールが生成されるようになり、40~50代にかけて加齢臭がきつくなります。女性の場合、女性ホルモンの分泌が減少する60歳ぐらいから加齢臭を発するようになります。

加齢臭を予防するには

加齢臭は、食生活や生活習慣を改善することで、ある程度抑えることが可能です。

食生活の改善

肉類の摂取を控えめにし、野菜類、豆類、海藻類、魚介類を摂取することで、加齢臭を抑えることができます。

ストレスをため込まない

ストレスを受けると、体内の活性酸素が増加し、加齢臭の原因物質が増加します。そのため、加齢臭を防ぐには、ストレスを上手に発散するようにしましょう。

タオルで身体をふいたり、加齢臭対策用の石鹸を使用することで、加齢臭を抑えることができます。

加齢臭によるセックスレスもありえます!

40代夫婦にセックスレスが多い理由

40代になると、加齢臭がきつくなると言われていますが、このことが原因で、セックスする気がなくなるという方も多いようです。パートナーの加齢臭がきつくなると、そばにいるのが嫌になり、寝室を別にするケースも多く、やがてはセックスレスへとつながります。

ベッドに入った時に、パートナーの身体から、青臭いニオイがすることで、一気に気持ちが沈んでいくとのことです。それに、いったんベッドに入ると、加齢臭を理由に抜け出すことは難しいため、一緒にベッドに入ることを避けるようになります。

中には、パートナーを傷つけないためには、臭いに耐えるか、「臭いはしなかった?」など、自分の臭いを気にしているかのような感じで、遠回しに伝えるという方もいるようです。

臭いの感じ方は人それぞれ異なりますが、一度嫌だと感じると、性欲は完全になくなってしまうでしょう。

ある程度の年齢になると、加齢臭の原因となる物質が分泌されるようになります。

ただ、臭いについて異常なほど神経質になる必要はありませんが、加齢臭など、相手が嫌がる臭いはできるだけ抑えるように努力することで、セックスレスになることを防げるのではないでしょうか。